天皇系図

古墳・天皇陵

奈良

古墳・天皇陵

天皇系図

磐之媛命(いわのひめのみこと、生年不詳
-仁徳天皇35年6月(347年)は、古墳時代の皇妃。葛城襲津彦の娘。孝元天皇の男系来孫(古事記では玄孫)。仁徳天皇の皇后で、履中天皇・住吉仲皇子・反正天皇・允恭天皇の母。
仁徳天皇2年(314年)立后。

とても嫉妬深く、仁徳天皇30年(342年)、彼女が熊野に遊びに出た隙に夫が八田皇女(磐之媛命崩御後、仁徳天皇の皇后)を宮中に入れたことに激怒し、山城の筒城宮(現在の京都府京田辺市)に移り、同地で没した。

奈良市佐紀町

花・杜若へ

★地図

花・睡蓮へ

磐之媛命陵

2009年5月31日

コナベ古墳

ウワナベ古墳

inserted by FC2 system