天皇系図

古墳・天皇陵

古墳・天皇陵

天皇系図

孝徳天皇は難波長柄豊碕宮(大阪市中央区)を造営し、そこを都と定めた。 が、白雉4年(653年)に、皇太子は天皇に倭京に遷ることを求めた。
天皇がこれを退けると、皇太子は皇祖母尊と皇后、皇弟(=大海人皇子)を連れて倭に赴いた。
臣下の大半が皇太子に随って去った。 天皇は気を落とし、翌年病気になって亡くなった。

皇極天皇4年(645年)6月に乙巳の変が起きると、14日に皇極天皇は中大兄皇子に位を譲ろうとした。中大兄は辞退して軽皇子を推薦した。軽皇子は三度辞退して、古人大兄皇子を推薦したが、古人大兄は辞退して出家した。
14日のうちに、軽皇子は壇に登って即位した。 皇極天皇に皇祖母尊(すめみおやのみこと)という称号を与え、中大兄を皇太子とした。阿倍内麻呂(阿倍倉梯麻呂)を左大臣に、蘇我石川麻呂を右大臣にした。中臣鎌子(藤原鎌足)を内臣とした。僧旻と高向玄理を国博士とした。
初めて元号を立てて、大化元年(645年)とし、650年には白雉に改元した。 『日本書紀』が伝えるところによれば、大化元年から翌年にかけて、孝徳天皇は各分野で制度改革を行なった。 この改革を、後世の学者は大化改新と呼ぶ。

敏達天皇の孫で押坂彦人大兄皇子王子茅渟王(ちぬのおおきみ)の長男。 母は吉備姫王(きびひめのおおきみ)という。 皇極天皇(斉明天皇)の同母弟で、天智天皇(中大兄皇子)の叔父にあたる。皇極天皇の娘の間人皇女を皇后にした。阿倍倉梯麻呂の娘の小足媛(おたらしひめ)を妃として、有間皇子を儲けた。 蘇我石川麻呂の娘の乳娘(ちのいらつめ)を妃とした。
『日本書紀』の評によれば、天皇は仏法を尊び、神道を軽んじた。柔仁で儒者を好み、貴賎を問わずしきりに恩勅を下した。

第36代天皇
在位 645年7月12日 - 654年11月24日
在位中の時代 飛鳥時代
在位中の年号 大化
白雉
在位中の皇居 難波宮
軽皇子
別名 天万豊日天皇
出生 596年
死去 654年11月24日
陵墓 大坂磯長陵
先代 皇極天皇
次代 斉明天皇(皇極天皇重祚
皇后 間人皇女
子女 有間皇子
父親 茅渟王
母親 吉備姫王

大阪府太子町

第36代 孝徳天皇陵

2009年6月6日

★地図

inserted by FC2 system