スピリチュアルTOP

 シルバー・バーチ Silver Birch というのは、英国のハンネン・スワッハー・ホームサークルという家庭交霊会において、1920年代後半から50年余りにわたってモーリス・バーバネルという霊媒を通して霊的教訓を語り続けてきた古代霊のことで、約3,000年前に最後の地上生活を終えた高級霊であること、とだけしかわかっていない。 シルバー・バーチという名は仮の名で、その霊格が非常に高いので、波動の低い地上界に直接コンタクトすることは困難なため、仲介に北米インディアンの霊を使っている。 
 霊媒役のバーバネルは非常に論理的・科学的な人物で、当初は霊的世界に対して懐疑的であったが、最初交霊会に参加したとき、うっかり眠りこけたときにシルバー・バーチに憑依されて霊訓を語りだしたという。実はバーバネルが生まれる前からシルバー・バーチ霊団の方から彼を霊媒として使うための準備が行われていたのだった。

シルバー・バーチ 書籍リスト

★シルバー・バーチの霊訓 <2>
   人のために役立つことを
   宿命と自由意志
   一教師の悩みに答える
   政治家とジャーナリストを招待して
   映画女優と語る
   霊媒現象の原理
   霊媒が入神しているとき
   背後霊の仕事
   この世、そしてあの世
   霊訓を必要とする時代
   新しい世界
   病気とカルマ(宿業)―エドワーズ夫妻を迎えて
   質問に答える
   シルバー・バーチの祈り


★シルバー・バーチの霊訓 <4>
   絶対不変の摂理
   苦の哲学
   再生の原理
   シルバーバーチ霊団の使命
   死んだらどうなるか
   潜在意識の機能
   霊媒を励ます
   質問に答える
   宗教の本質と子供の宗教教育のあり方
   シルバー・バーチの祈り


★シルバー・バーチの霊訓 <6>
   神への祈り
   心霊治療―その本当の意義
   自分の責任・他人の責任
   ジョン少年との対話
   老スピリチュアリストとの対話
   婚約者を不慮の事故で失って
   難しい質問に答える
   真理には無限の側面がある
   良心の声
   あらためて基本的真理を
   みんな永遠の旅の仲間
   苦難にこそ感謝を

 

★シルバーバーチの霊訓 <8>
   シルバーバーチのアイデンティティ
   自由意志―人間はどこまで自由か
   質問に答える(地上の生活
   死後の生活
   倫理・道徳・社会問題)
   明日の指導者たち―若者にどう説くか
   愛すべき仲間たち―動物

 




★シルバーバーチの霊訓 <10>
   シルバーバーチの挨拶
   何のために生まれてくるのか
   生きがいある人生を送るには
   死ぬということはどういうことか
   死んだあと、どうなるのか
   音楽を語る
   再生問題を語る
   背後霊の仕事
   人生は霊的巡礼の旅
   質問に答える
   シルバーバーチの祈り
   シルバーバーチと私―モーリス・バーバネル

 
★シルバーバーチの霊訓 <12>
   霊団の使命
   人間・死・死後の世界
   この世とあの世の係わりあい
   宇宙の根本摂理―因果律
   向上進化の原理
   自由と責任
   善悪と公正
   神
   祈り
   宗教
   力強く生きるための叡智
   落ち穂集

 
★シルバー・バーチのスピリチュアルな法則
             --- フランク・ニューマン ---
   自分とは何か
   人間の本質・宇宙の本質
   オーラを読む
   魂の進化
   死ぬことの意味
   完全なる因果律
   波動を高める
   失われた進化
   摂理と調和
   無限に続く真理への道






シルバー・バーチの霊訓 地上人類への最高の福音
  日本のシルバー・バーチファンの皆さんへ――トニー・オーツセン
  編者まえがき
  巻頭のメッセージ
  この私が誰であるかは、どうでもよいことです
  悟りは苦しみの中から生まれるのです
  知識はすべて、ためになるのです
  偶然・運命の気まぐれ・奇跡・偶発事故というものは存在しません
  人間は生まれる前も、今も、そしてこれからもずっと霊です
  人類は苦しみつつも、一歩一歩、光明へ向けて進化しております
  偉大さの尺度は奉仕的精神の度合いにあります
  魂の挫折感を誘発するのは、精神上の倦怠感と絶望感です
  霊の優位性の自覚にもとづく修養的生活――これが最高の生き方です
  幼児期を過ぎれば、幼稚なオモチャは片づけるものです
  訳者あとがき





シルバー・バーチの霊訓 道しるべ
  編者まえがき
  巻頭のメッセージ
  1章 死ぬことは悲劇ではありません
  2章 神はときには荒れ狂う嵐のごとく…… 
  3章 わたしたちは決して見捨てません
  4章 真理はすべて素晴しいのです
  5章 あなたが大霊なのです
  6章 摂理は完全であり、自動的に作用します
  7章 ああ、真白き大霊よ
  8章 絶望してはなりません
  9章 霊は全生命の精髄(エッセンス)です
  10章 創造は無窮です
  11章 霊的真理は不変です
  遺稿 シルバーバーチと私……モーリス・バーバネル
  訳者あとがき

シルバー・バーチの霊訓 <1>
   あなたとは何か
   なぜ生まれてきたのか
   なぜ苦しみがあるのか
   “物”に惑わされない生き方
   霊的交信の難しさ
   役に立つ喜び
   心霊治療と生命力
   愛の力
   霊とは何か
   質問に答える
   おしまいに
   シルバー・バーチの祈り




★シルバー・バーチの霊訓 <3>

   戦時下の交霊会から
   悲しい時、苦しい時こそ
   魂の自由と解放
   誰にでもわかる真理を
   もしもシルバーバーチがテレビに出たら
   イエス・キリストとキリスト教
   宇宙創造の目的
   シルバーバーチからの質問
   人間的思念と霊的思念
   前世・現世・来世〔ほか〕


★シルバー・バーチの霊訓 <5>
   シルバー・バーチとは何者か
   死は第二の誕生
   死後の後悔
   軽蔑と嘲笑の中で―スピリチュアリズムの歩み
   迷いの過去から悟りの未来へ
   イエスはいま何をしているか
   動物は死後どうなるか
   病気は自分で治せる
   神は愛の中にも憎しみの中にも
   二人の幼児と語る
   青年牧師との論争
   参戦拒否は是か否か
   質問に答える


★シルバーバーチの霊訓 <7>
   二つの世界が交わる場所―ある日の交霊会
   今なぜスピリチュアリズムか
   戦地でも愛読された霊訓
   若き軍人と語る
   懲罰と報復―大戦が終わって
   わが子に先立たれた二組の夫婦と語る
   真理は法律では縛れない
   大きくなったルースとポール
   悩み多きインド
   質問に答える
   なぜ神に祈るのか


★シルバーバーチの霊訓 <9>
   シルバーバーチはなぜ戻って来たか
   活字の効用
   霊の威力
   不変・不減・不可避の摂理
   死別の教訓
   霊能者の責任
   魂を癒やす―心霊治療の本質
   宗教とは
   青年部の代表と語る
   質問に答える―イエス・キリストについて〔ほか〕




★シルバーバーチの霊訓 <11>
   シルバーバーチの自己紹介
   霊媒的能力―霊的知識を得るための必須手段
   心霊治療―霊的覚醒のための手段
   既成宗教のどこが間違っているのか―キリスト教を中心に
   霊界から見た地上の科学
   霊界でも祝うクリスマスとイースター―その本来の意味
   人類の宿題―地上天国の建設
   最後の晩餐






★古代霊は語る
    -- シルバー・バーチの翻訳者近藤千雄氏の編集による
      霊訓のエッセンス集 --

   シルバー・バーチの使命
   絶対不変の法則 --因果律--
   再生 --生まれ変わり--
   苦しみと悲しみと --魂の試練--
   死後の世界
   動物の進化と死後の生命
   心霊治療
   交霊会の舞台裏
   真理の理解を妨げるもの --宗教的偏見--
   おしまいに
   「シルバー・バーチと私」 モーリス・バーバネル




シルバー・バーチは語る
    シルバー・バーチの使命
    交霊会の目的
    地球浄化の大事業
    明日の世界
    絶対的摂理の存在
    ヒーリングの問題
    神とは何か
    祈りの効用
    キリスト教のどこが間違っているのか
    人工的教義と霊的真理
    進化の土壌としての地上生活
    死後の世界
    霊界通信の難しさ
    交霊会の舞台裏
    交霊会についての誤解
    睡眠中は何をしているのか
    スピリチュアリズムの第一線で働く人々への励ましのメッセージ
    霊界側から見た戦争
    再生(生まれ変わり)
    青年牧師との論争
    霊界でも祝うクリスマスとイースター
    シルバーバーチ、子供と語る
    さまざまな疑問に答える
    シルバーバーチの祈り



シルバー・バーチの霊訓  霊的新時代の到来

スピリチュアルTOP



inserted by FC2 system