霊的歴史

スピリチュアルTOP

     ◎シュタイナーの霊視による霊的進化過程

 (過去)                 (現在)                      (未来)
土星紀 --> 太陽紀 --> 月紀 --> 地球紀 --> 木星紀 --> 金星紀 --> ヴァルカン紀

  地球紀の初期は地球と太陽と月は一体であった。後にそこから太陽が分離し、地球と月の結合体が残った。
 この頃は人間の進化が止まり、人体の素材が硬化する。月が地球から分離する以前は、人体の素材が硬いため魂が肉化することは不可能であった。 受肉できない魂たちは他の惑星 -- 火星、金星、木星などへ移住した。 そのため地球上の人類は極度に減少していた。 わずかに強い魂だけが受肉できた。 その強い魂を持つ「最初の夫婦」が生まれた。--- アダムとイヴ
その後、月が地球から分離して、弱い魂を受け入れられるようになると、火星や木星、金星などに移住していた魂が次々に地球に戻ってきた。 そして再び地上に人間が満ちてきた。



★地球紀の進化過程
  (過去)                        (現在)             (未来)
レムリア時代 --> アトランティス時代 --> 後アトランティス時代 --> 第6根幹人類期

 アトランティス時代までに魂たちは他の惑星から戻ってくる。 この時代、今のアジア、アフリカ、ヨーロッパは海の下にあった。
アトランティス大陸が洪水で沈むまでは、人類はアトランティス大陸を主に定住していた。 アトランティスには人を教化する特別な場所として火星神託所、木星神託所、土星神託所などがあった。 ここは、各惑星から帰ってきた魂がそれぞれの惑星群に分かれて教えを受ける場所であった。 これらの神託所の中で中心となっていたのが太陽神託所で、ここの最高位が「マヌ」と呼ばれる最大の太陽秘儀参入者であった。アダムとイヴの子孫もここで秘儀を伝授されている。



★後アトランティス時代の7区分              <星座の影響>     <霊的指導者>
 (1) インド文化期           (BC.7227-5068年)       蟹座      7人の神仙

 (2) ペルシャ文化期         (BC.5067-2908年)     双子座      ゾロアスター

 (3) エジプト・カルディア文化期  (BC.2907- 748年)     牡牛座      ヘルメス・モーゼ

 (4) ギリシア・ローマ文化期    (BC. 747-AD.1412年)   牡羊座      仏陀・イエス
             <特徴>・・・物質界の諸力が人間の魂に最も強い影響を及ぼしていた。-- ギリシア彫刻の完成美
                    人間の通常の能力であった霊視力の大部分が失われる。 
           
 (5) 第五アトランテイス文化期 (AD.1413-3572年)   魚座  (現在)
                <特徴>・・・知性と理性の発達、主知主義

 (6) 第六文化期 (ロシア文化期) (AD.3573-5732年)     水瓶座
                <特徴>・・・道徳感情の発達、善に対する快感と悪に対する不快感の時代 -- 下位の神界の諸力

 (7) 第七文化期 (アメリカ文化期) (AD.5733-7892年)     山羊座
                <特徴>・・・積極的な道徳生活の時代 -- 上位の神界の諸力





☆第一根人種 --- 主宰する惑星は太陽(あるいは天王星)、エーテル体。増殖は分裂または発芽による。
          不死であり、聴覚が発達していた。第一環期を繰り返す。天変地異、自然は荒れ狂う。
          大変動は200万年間、不断に続く。大自然の混乱が終り始めると、月の主方(Barhishad)が地球に来て視察。
           不滅の聖地の出現---地球の霊的極地の頂点。今ではゴビ砂漠の中、
         
BC 16,500,000 -- 金星の主方の到来(サナト・クマーラ)、シャンバラに住む
     200,000 -- アトランティスメルキゼデクが出現、ガラリア湖畔に聖徒たちを養成

      79,797 -- マヌはその民をルタの北方よりサハラ海を至ってアラビアに移動。30隻の船団(500t位)、
             9000人と家畜を三回に分けて運ぶ。植民地の一ヵ所で馬が出来上がる。
      75,000 -- マヌ、子孫と共に北方へ移動、ゴビ海に定着(残された者達からユダヤ人が生じる)
      70,000 -- マヌ、王となってシャンバラに住む。チュラニア人達の襲撃によって共同社会は全滅(白島だけは救われる)
      50,700 -- アトランティス最初の悲劇。レムリア人の移民(南アメリカ-インカ)
      40,000 -- トス(ヘルメス)、エジプトに出現
      29,700 -- 初代ツァラトゥストラ、ペルシャに出現 -- 排火教(ゾロアスター教)
      28,000 -- アトランティス二度目の異変 --(ノアの洪水伝説)
      10,490 -- エジプト:大ピラミッド建設 - 建設に100年を要した。
             エジプトの宗教の秘儀秘伝の伝授(イニシエーション)のため、礼拝のために建てられた
      10,300 -- エジプト:アレクサンドリア図書館創設 - アトランティスの全ての聖典・奥儀を保存
       9,500 -- アトランティス最後の破局。エジプト・ユカタン・メキシコに移住。
       5,000 -- オルフェウス、ギリシャに出現(オルフェウス秘儀)
       4,000 -- ラーマ
               この頃シルバーバーチ地上に生きる。
       1,500 -- クリシュナ (インド)
       1,300 -- モーゼ --- ユダヤ教
        800 -- 旧約聖書の編集始まる
        570 -- ピタゴラス、ギリシャ・サモス島に生まれる
             仏陀
        470 -- ソクラテス (ギリシャ)
        444 -- マハーヴィーラ (ジャイナ教)
        427 -- プラトン (ギリシャ)
        200 -- AD200 叙事詩「マハーバーラタ」(バガヴァッド・ギータ)
AD        0 -- イエス・キリスト

 ---------------------- ------------------------- ----------------------------

       1459 -- クリスティアン・ローゼンクロイツ 薔薇十字会
       1748 -- スウェーデンボルグ 「天界の秘密」
       1856 -- 霊界通信 - アラン・カーデイック 「霊の書」
       1861 -- ルドルフ・シュタイナー生まれる
       1875 -- ブラヴァツキー <神智学>
       1877 -- グルジェフ生まれる
       1883 -- 霊界通信 - W.S.モーゼス 「霊訓」インペレータ
       1895 -- クリシュナムルティ生まれる
       1902 -- エドガー・ケーシー リーディング
       1904 -- ルドルフ・シュタイナー 「神智学」
       1907 -- アニー・ベサント <神智学>
       1909 -- ルドルフ・シュタイナー 「人智学」
       1913 -- 霊界通信 - G.V.オーエン 「ベールの彼方の生活」
       1914 -- ルドルフ・シュタイナー 「死者の書」
       1920 -- 霊界通信 - シルバーバーチ霊訓 〜 1980
       1931 -- Osho (バグワン・シュリ・ラジニーシ) 生まれる
       1933 -- 霊界通信 - G.カミンズ「永遠の大道」フレデリック・マイヤース
       1937 -- 霊界通信 - 浅野和三郎 「小桜姫物語」
       1958 -- 霊界通信 - グレース・クック 「霊性進化の道」ホワイト・イーグル





                           スピリチュアルTOP
inserted by FC2 system