音楽の部屋   日記TOP 

音楽雑記 - 2017年

   

 
1月10日

 チャイタニヤ・ハリ・デューター、Oshoのほとんどの瞑想音楽を作曲した音楽家。1945年生まれのドイツ人。

 

 Oshoの音楽では、このデューターの音楽が一番好きだ。他のミュージシャンでは、カルネッシュ、アヌラグ、サンボーディ・プレムなどもお気に入り。
 ただ、音楽では「ジャスト・ア・グリンプス」や「サンボーディ・ミュージック」が好きだが、これらの作曲者は知らない。

 Sambodhi Music No.1  Sambodhi Music No 2
 Just A Glimpse No.1  Just A Glimpse No.2  Just A Glimpse No.21





3月11日

 翻訳漬けの毎日で、自分にエネルギーを与えてくれるものはやはり音楽。
 インド音楽、ケルト音楽、プログレ系ロック、ブライアン・イーノ、バッハ、モーツァルト、バロック音楽などが自分の好む分野だが、知的なものを刺激させてくれるものとしては、やはりイーノだ。
 ただ、今一番気に入っているのは、和楽器バンド。その「暁の糸」はほぼ毎日視聴している。元気をもらうには「反撃の刃」。
 でも極めつけはやはりBABYMETALの「Ijime, Dame, Zettai」2014年のイギリスのライブだな〜〜
 Celtic Woman - Caledonia は何度聴いても泣ける。愛を感じたい時に聴いている。なんと美しい!これはやはりケルト音楽の真骨頂だな。





3月25日

 和楽器バンドを簡単にまとめてみた・・・

  2013年3月、「華風月」結成 - 鈴華ゆう子(詩吟)、神永大輔(尺八)、いぶくろ聖志(琴)
      華風月 -- 「深紅」、「かざぐるま

   2014年1月、「和楽器バンド」結成
    鈴華ゆう子(Vocal)、神永大輔(尺八)、いぶくろ聖志(琴)、蜷川べに(津軽三味線)、町屋(Guitar)、亜沙(Bass)、黒流(和太鼓)、山葵(Drums)

  ・・・メンバーそれぞれがその道においてすごい才能と経歴の持ち主たちばかりで、だいたい子供の頃からそれ一筋に生きてきている。
 やはりその人の才能を伸ばすのは環境だな。

 2013年 4月、「六兆年と一夜物語」................ ボカロ オリジナル
      10月、「天楽」..................... ボカロ オリジナル
 2014年 1月、「千本桜」.................. ボカロ オリジナル
       4月、デビューアルバム『ボカロ三昧』
       7月、初の海外公演となる『第15回Japan Expo』に出演
       8月、「華火」 ....................... 作詞作曲:鈴華ゆう子
 2015年 1月、「戦-ikusa-」 ............... 作詞作曲:亜沙
       7月、「暁ノ糸」..................... 作詞作曲:町屋
       8月、「反撃の刃」.............. 作詞作曲:町屋
 2015年 9月、2ndアルバム『八奏絵巻』
 2016年 1月、日本武道館にて単独ライブ - メンバー鑑賞会 
       8月、「起死回生」............... 作詞作曲:黒流
 2017年 1月、「オキノタユウ」........... 作詞作曲:町屋
       3月、3rdアルバム『四季彩-shikisai』

 ついでに、「吉原ラメント





5月 4日

 ここんところずっとPerfumeに夢中になって翻訳が進まない。邦楽にこんなに夢中になったのは初めてだ。最初は去年の秋頃がBABYMETALに夢中になり、それが和楽器バンドになり、そしてPerfumeに至る。
 Perfumeを最初に知ったのは、2008年歌謡祭で「love the world」を見てからだが、その時もすごくいい曲だなという印象を受けた。
ただこの曲のタイトルを知ったのはつい最近だ。それまで心のどこかに残っていた。 
次にPerfumeを知ったのは、バラエティ番組でインド映画のダンス・シーンと日本の音楽をシンクロさせたものがあり、そこで「セラミック・ガール」を知った。
 BABYMETALを知ったのはネットからで、最初に知った曲は「メギツネ - MEGITSUNE」。
 和楽器バンドを知ったのもネットからで、最初に知った曲は「千本桜」。

 最初に聞いた曲は強く印象に残っている。だから自分にとってもPerfumeは「love the world」が印象深い。
 Perfumeをよく聞くようになったのは、振り付け師のMIKIKOの特集番組-情熱大陸を見て、そこで取り上げられていたから。
MIKIKOという人は、リオ・オリンピック閉会式のトーキョー・ショーで演出をしたことを知り、またBABYMETALの振り付け師としても知ってから。
ただ、MIKIKOの振り付けとしては、ほとんどPerfumeが取り上げられる。
その番組の中で、Perfumeの新曲「TOKYO GIRL」の振り付けを作っているシーンがとても好きだ。
 Perfumeは、その前に、ネットでJ-POPを外国人が見た時のリアクションの映像を見て、そこで「レーザービーム」を知った。

 この3つのグループを比べて、BABYMETALと和楽器バンドは、割と順風に人気が出て活躍しているが、Perfumeはけっこう下積み時代が長い。
また、BABYMETALと和楽器バンドは外国人の反応から人気に火がついたが、Perfumeは日本の活躍で人気を上げてきている。
 音楽的には、和楽器バンドはボカロから入って、現在は曲はメンバーが作る。和楽器と洋楽器のコラボが魅力となっている。
 BABYMETALは、曲ごとに作者が違い、その魅力はステージ・パフォーマンスにある。盛り上げて熱くさせてくれる。
 Perfumeは、ずっと中田ヤスタカが作った曲を歌っている。その曲のセンスの良さとPerfumeのダンスが魅力となっている。
 だから、BABYMETALとPerfumeは周囲のスタッフの意志によって作られ、動かされている、という感じがあり、和楽器バンドはメンバー自身の意志で活動している、という感じが強い。
 それでも、それぞれに音楽的完成度は高く、その音楽性はそれぞれ違っていて、それぞれ好きだ。
 好きな曲としては、全体的には和楽器バンドの音楽が多い。
 だがキャラクター的にはPerfumeが一番である。とにかくあーちゃんの天然トークがおもしろすぎる。Perfumeが一番苦労人である。そこが一番好感が持てるところだ。





6月17日

 BABYMETAL、和楽器バンド、Perfumeと、わりとにぎやかな音楽を聴いてきて、今は静かな心に響く歌をよく聴いている。
 『借りぐらしのアリエッティ」の主題歌を歌っているセシル・コルベルの「アリエッティ・ソング」、ロレーナ・マッケニットのアルハンブラ・Live
 そして、やはり、ジム・クロウチに戻ってくる。彼の歌を初めて聞いたのは1974年の京都で一人暮らしをしていた頃。ラジオから流れてきたのを聴いてすぐに好きになり、タイトルにも惹かれて彼のラスト・アルバム「美しすぎる遺作」を買って聴いていた。

      

 ただ、ジム・クロウチその人については最近まで何も知らず、ただ若くして飛行機事故で亡くなった、ということくらいしか知らなかった。
 実際、それほど日本では知られていないのかもしれない。ウィキペディアにも英語文ではあるが日本語ではない。

 ジム・クロウチ、本名はジェームズ・ジョセフ・クロウチ。1943年1月10日、南フィラデルフィアのペンシルバニアで生まれる。イタリア系アメリカ人。5歳から音楽に親しむ。
スタジオ・アルバムは実質5枚で、他にベスト・アルバムは多く出ている。
シングルは1972年の「You Don't Mess Around with Jim」、「Operator」、
1973年に「I Got a Name」、「Time in a Bottle」、
1974年に「I'll Have To Say I Love You In A Song」などがある。
 1973年9月20日、シングル曲「I Got a Name」がリリースされる前に、ルイジアナの空港から飛び立つ飛行機が木にぶつかって墜落し、乗っていたジムと音楽仲間たちは死んだ。享年30歳という若さだった。

 彼はまさに美しすぎる遺作を残してくれた。

 Age  Photograph And Memories  Thursday  The Hard Way Every Time  Lover's Cross  These Dreams   





6月24日

 振り返ってみると〜

 去年の4月頃にBABYMETALを知って夢中になり、同じ頃に和楽器バンドを知ってこれにも夢中になる。そして今年の4月頃からPerfumeに夢中になっている。
 よく、年老いたら音楽の趣向は演歌に行く、なんてことを聞くが、誰がそんなバカなことを言ったのか。少なくとも私は60歳を超えてJ-POPに夢中になっている。とはいっても、上記の3つのグループだけで、いわゆるアイドル・グループ、***48のようなものには興味はない。
 純粋に、この3つのグループは音楽性が非常に高い。だから好きなのだ。ただ、Perfumeの音楽は全て中田ヤスタカの作品だが、彼自身のユニットであるCapsuleには何の興味もない。Perfumeだから好きなのだ。Perfumeは一応テクノ・ポップというジャンルになるのだろうが、テクノそのものには興味はない。YMOもあまり興味はないし、クラフトワークなどもそれほど好きではない。全般的に軽すぎてもの足らないのだ。Perfumeにはそれ以上の魅力がある。

 これまで、クラシック、ハード・ロック、プログレ・ロック、現代音楽、ミニマル音楽、インド音楽、ケルト音楽、バロック音楽、Oshoミュージックなどを聴いてきて、それぞれ自分に大きな力を与えてくれてきた。まさに音楽が私を助けてくれた。ただ、あるジャンルの音楽が好きなのではなく、あくまで個人の音楽なのだ。だから上のように書いたのは便宜上で、あまり的を得ていない。音楽のジャンル分けなどまったくナンセンスだ。
 だから特に好きな音楽を個人名、グループ名で掲げれば・・・

 ベートーヴェン、モーツァルト、バッハ、ヴィヴァルディ、ビーバー、マラン・マレ
 ビー・ジーズ、クィーン、ブラック・サバス、ブルー・オイスター・カルト、ラッシュ、ジム・クロウチ、スモーキィ、スレイド、スパークス、スティーリー・ダン、
 キング・クリムゾン、ブライアン・イーノ、ハロルド・バッド、クラウス・シュルツ宮下富実夫
 シャーディ、ケイト・ブッシュ、ラルフ・ターナー、カルネッシュ、デューター、 ロリーナ・マッケニットパトリック・ボール
 ラタ・マンゲシュカールナジア・ハッサンラヴィ・シャンカールニキル・ヴァネルジーシーラ・チャンドラ
 BABYMETAL、和楽器バンドPerfume

 ・・・、となる。





6月27日

 今日の始まりとなった音楽はSladeのSUMMER SONG ( WISHING YOU WERE HERE )

  

 ロックの中でも異色の、一番明るいポジティブな音楽だろう。もう40年以上聞き続けている!!


 そして夕方はこの音楽。「和楽器バンド大新年会2017東京体育館 -雪ノ宴・桜ノ宴-」ダイジェスト第1弾 第2弾 
 和楽器バンド〜さらに洗練されてパワーアップしている。これを見ただけでも感動する。





7月20日

 インド古典音楽の声楽は、最初はとっつきにくいものだったが、この人の歌声は本当に美しく、瞑想的で、清められる。この辺りがインド音楽の奥深さ、質の高さを示している。
 Kaushiki Chakrabarty MERU Concert live

 声楽で最初に魅了されたのは、Viraj Amar





8月18日

 Oshoミュージックに自分が撮った写真を組み合わせてYouTubeにアップしたのはずいぶん前のこと。
 そのリストは〜

 Sambodhi Music No.1      Sambodhi Music No 2
 Just A Glimpse No.1      Just A Glimpse No.2      Just A Glimpse No.21
 The Awakening          Silence is the Answer

 Sambodhi Music No 2だけがなぜか削除されている。この曲はOshoの古いビデオでオープニングに使われていたから有名なので通報されたのだろう。
 このSambodhi Musicは非常に美しい音楽だが、今ではもう手に入れることはできないだろう。
 作曲はSw. チャイタニヤ・ハリ (デューター)。 全曲はこちらのサイトから聞ける。http://www.sannyas.wiki/index.php?title=Sambodhi_Music
 YouTubeでは削除されたが、ビデオのオープニングに使われていた曲はこのSambodhi MusicのPart 2の2:45から。

 Sambodhi Music No.1 の画像には奈良県の磐之媛命陵滝谷花菖蒲園で撮影した睡蓮を使っている。

 Just A Glimpse は初めて買ったOshoミュージックのカセットで思い出深い。
  作曲はSw. ゴヴィンダス.。 
                                 全曲はこちらのサイトから。
 
http://www.sannyas.wiki/index.php?title=Just_a_Glimpse
 Just A Glimpse No.1 の画像は奈良長谷寺の牡丹
 Just A Glimpse No.2 の画像は奈良・喜光寺の蓮
 Just A Glimpse No.21 の画像はプネーのアシュラムの庭。

 The Awakening は作曲者は不明でほとんどデータはない。画像は奈良・三室山の枯葉。
                   全曲はこちらのサイトから。
http://www.sannyas.wiki/index.php?title=The_Awakening

 Silence is the Answer作曲はSw. チャイタニヤ・ハリ (デューター)。画像は奈良・法隆寺の土壁前の紅葉。
                   全曲はこちらのサイトから。
http://www.sannyas.wiki/index.php?title=Silence_is_the_Answer








inserted by FC2 system