音楽の部屋   日記TOP 

音楽雑記 - 2015年

   

 4月2日

 久々にイーノを聞く
 
 1970年代にイーノの音楽にのめり込んでいたけれど、久々に聞いて、その音が自分の中に染み付いていたのを感じた。
イーノによって自分の感性が育てられたような気がするな〜

 当時、一番衝撃を受けたアルバムが、キング・クリムゾンのロバート・フリップとのコラボによる 
「No Pussyfooting」
  インド音楽にも通じるものがあり、トランス状態に導かれる〜

 フリップ&イーノのコラボ・アルバムでは、もう一つ「
Evening Star」がある。こちらは癒される〜
 
 どちらも1970年代中期の作品だけれど、自分に影響を与えた音楽はこの時代に集中している。

 別には、ドイツのグループ、クラスターとのコラボもある。 これには不思議な懐かしさを感じる。
  Cluster & Eno
 どちらのコラボも2枚ずつ出ていて、クラスター&イーノは今ではほぼ入手不可能だろう。

 瞑想的なものでは、
 Brian Eno - Discreet Music  

 最初にイーノを知ったのは、京都のロック喫茶で聞いた「
801LIVE」から〜
  イーノは歌とシンセサイザー、

 優しさに包んでくれる歌はこれ〜
. Brian Eno - Taking Tiger Mountain .

 〜ウィキペディアで知ったことだけど、Windows95の起動音は彼の作曲によるもの。

 ちなみにマイクロソフトからの依頼は
  「人を鼓舞し、世界中の人に愛され、明るく斬新で、感情を揺さぶられ、情熱をかきたてられるような曲。ただし、長さは3秒コンマ25」 であったという。
 当時新しいアイデアが思い浮かばずに悩んでいた彼は、これを「待ち望んでいた課題だ」と快諾し、製作にとりかかった。
 最終的に84個のごく短いフレーズが製作され、その中の一つが「The Microsoft Sound」として提供された。




   
inserted by FC2 system