音楽の部屋

a winter garden

1 Coventry Carol
2 God Rest Ye Merry, Gentlemen
3 Good King Wenceslas
4 Snow
5 Seeds of Love

1995年

 Live - Night From The Alhambra



 マッケニットの作品にはいつも精神性が顔をのぞかせている。
イェーツや聖書あるいは自作詞のどれに曲をつけようとも、彼女の歌は常に精神性を追い求めているのだ。だからこそリスナーはマッケニットの音楽に惹きつけられる。本作も例外でなく、けだるいリズムの「Marco Polo」、厳粛な喜びの「The Mummers' Dance」、痛ましい「Skellig」「Dante's Prayer」、アルフレッド・ノイズの詩に曲をつけた「The Highwayman」のどれをとってもその姿勢は変わらない。
なかでも「The Highwayman」は、初期のナンバー「The Lady of Shalott」と比べても力強い労作だ。
音楽で物語を語る腕前はさらに上達していると言える。本作はさまざまなレベルで楽しめる音楽であり、それというのも、マッケニットの作曲者としての能力が今なお伸びつづけ、自作の詩が投げかける奥深い問いかけにふさわしい曲作りをしているからだ。(Genevieve Williams, Amazon.co.uk)

The Visit

1 All Souls Night
2 Bonny Portmore
3 Between the Shadows
4 The Lady of Shalott
5 Greensleeves
6 Tango to Evora
7 Courtyard Lullaby
8 The Old Ways
9 Cymbeline

1991年

Parallel Dreams

1 Samain Night
2 Moon Cradle
3 Huron 'Beltane' Fire Dance
4 Annachie Gordon
5 Standing Stones
6 Dickens' Dublin (The Palace)
7 Breaking The Silence
8 Ancient Pines

1989年

the mask and mirrer

1 The Mystic's Dream
2 The Bonny Swans
3 The Dark Night of the Soul
4 Marrakesh Night Market
5 Full Circle
6 Santiago
7 Ce' he' mise le Ulaingt?
 The Two Trees
8 Prospero's Speech


1994年

the book of secrets

1 Prologue
2 THE MUMMERS' DANCE
3 Skellig
4 Marco Polo
5 The Highwayman
6 La Serenissima
7 Night Ride Across the Caucasus
8 Dante's Prayer

1997年

彼女の最高傑作 !

中世の古城の香りが漂うメランコリック、ノスタルジックな世界。 これら以外にも多くCDが発売されている。

ロリーナ・マッケニット  Loreena Mckennitt

音楽の部屋

ロリーナ・マッケニット(Loreena Isabel Irene McKennitt, C.M.、1957年2月17日-)は、カナダ出身のシンガーソングライター、ケルティック・ハープ奏者。ケルト音楽を中心に、アジア、アフリカ、スペイン等様々な地域の民族音楽を持ち込んだ音楽を指向している。
inserted by FC2 system