音楽の部屋

Klaus Schulze

クラウス・シュルツ〜今はシュルツェと表記されているが、私としてはシュルツの方が馴染みがある。
クラウス・シュルツとの最初の出会いは、1983年頃、京都のアングラ・プログレ系のロックを聞かせていた喫茶店でのことだった。その時に聞いたのが、彼の最高傑作である「Time Wind」で、それから彼のレコードを買い集めていった。
といっても、彼のすべての作品が好きなわけではなく、1972年ソロ・デビューの「Irrlicht」から1980年作の「Dig IT」くらいまでだ。


初期にはTANGERINE DREAMの「Electronic Meditation」というアルバムにドラマーで参加しているが、TANGERINE DREAMがわりと聞きやすくて商業ベースに乗りやすい軽さがあるのに対して、シュルツの音楽は重厚で深く、個人的にはその方が好みである。

Klaus Schulze, 1947年8月4日生- ドイツ・ベルリン出身

1976年頃

ソロアルバム

Irrlicht
 
1972

Side-A
 1 Satz: Ebene

 2 Satz: Gewitter

Side-B
 1 Satz: Exil Sils Maria

Cyborg
 
1973


Side-1  Synphara

Side-2  Conphara

Side-3  Chromengel

Side-4  Neuronengesang

Black Dance
 
1974


Side-A
 1-Ways of Changes  
 2-Some Velvet Phasing

Side-B
 1-Voices of Syn

Picture Music
 
   日本盤                  ドイツ盤

 
    フランス盤                フランス盤 (裏)

1974


Side-A  Totem

Side-B  Mental Door



Timewind

1975


Side-A  Bayreuth Return

Side-B  Wehnfried 1883
   

Moondawn
 
1976


Side-A  Floating

Side-B  Mindphaser

Body Love
 
1977


Side-A
 1-Stardancer
 2-Blanche

Side-B
 1-P.T.O

Body Love Vol.2
 
1977


Side-A
 1-Nowhere - Now Here

Side-B
 1-Stardancer U
 2-Moogetique

Mirage
 
1977


Side-A  Velvet Voyage

Side-B  Crystal Lake

]
 
1978


Side-1
 1-Friedrich Nietzsche
 2-Georg Trakl

Side-2
 1-Frank Herbert
 2-Friedemann Bach

Side-3
 1-Ludwig U von Bayern


Side-4
 1-Heinrich von Kleist

Dune
 
1979


Side-A
 1-Dune

Side-B
 1-Shadows of Ignorance

...Live...
 
1980


Side-1  Bellistique

Side-2  Sense

Side-3  Heart


Side-4  Dymagic

Dig it
 
1980


Side-A
 1-Death of an Analogue
 2-Weird Caravan

 3-The Looper isnt a Hooker

Side-B
 1-Synthasy
inserted by FC2 system