奈良

奈良

神社

崇道天皇社

神社

★地図

 祭神 = 早良親王 (崇道天皇)
当社は平城天皇大同元年(1180年前)の創立にして桓武天皇の皇弟早良太子の霊を鎮め祀る。
天応元年桓武天皇の皇太子となる。 延暦3年都を平城京より長岡京に移し、天皇政事を太子に任せらる。
同4年、故ありて乙訓寺に幽閉され後、淡路島に配流途に崩御あらせらる遺骸を仁井の里に埋葬された。
国内に凶事続出、親王の怨霊との声高まり同17年天皇遺骸を大和八嶋陵に迎え、同19年陵に於て追尊の儀執行せらる。
平城天皇大同元年社を建立、霊を慰められたのが当社の創立である。
                                             -- 境内の「由緒」板より --

崇道天皇神社
崇道天皇陵
inserted by FC2 system