神社

奈良

牛頭天王は疫病の神であるところから「蘇民将来」説話と混淆し、牛頭天王は武塔神と同一視されたり父子関係とされたりするようになる。また日本の神素盞鳴尊と習合した。

牛頭天王の起源としては以下の説がある。

牛頭天王(ごずてんのう)とは、日本の神道における神の一柱である。その起源は定かではないが後述のようにインドで信仰されていた神の一柱が原型であるとの説が提示されている。日本においては素戔嗚尊と習合し、その本地とされた。

奈良市窪之庄町

2009年2月28日

2000年9月16日

2001年8月18日

1998年9月23日

2000年9月16日

ごずてんのうしゃ

神社 へ戻る

牛頭天王社

★地図

inserted by FC2 system