寺院 京都

寺院

 3月 馬酔木 山茱萸

 4月 

11月 紅葉

花こよみ

★地図

1993年7月31日

浄瑠璃寺の起源や歴史については、当寺に伝来する『浄瑠璃寺流記事』(じょうるりじるきのこと)という14世紀の記録がほぼ唯一のよりどころである。

それによると、当寺は永承2年(1047年)、当麻(たいま、現・奈良県葛城市)の僧・義明上人を開基(創立者)、阿知山大夫重頼を檀那(後援者)とし、薬師如来を本尊として創建されたものであるという。

義明上人、阿知山大夫重頼の2人の人物については、詳しいことはわかっていないが、重頼は地元の小豪族であろうと推定されている。

浄瑠璃寺は九体阿弥陀如来を安置する寺として知られているが、創建当初の本尊は薬師如来であった。
九体阿弥陀如来を安置する現・本堂の建立は創建から60年後の嘉承2年(1107年)のことであった。

1つの堂に9体もの阿弥陀如来像を安置するという発想は「九品往生」(くほんおうじょう)思想に由来する。
「九品往生」とは「観無量寿経」に説かれる思想で、極楽往生(人が現世から阿弥陀如来のいる西方極楽浄土へと生まれ変わる)のしかたには、仏の教えを正しく守る者から、極悪人まで9つの段階ないし種類があるという考えである。

宗派 真言律宗
本尊 九体阿弥陀如来(国宝)、薬師如来(重要文化財)
創建年 永承2年(1047年)
開基 義明上人
別称 九体寺
京都府木津川市加茂町西札場40

浄瑠璃寺

当尾の里
奥の院不動明王像
inserted by FC2 system