日本各地への旅

日本各地方への旅

岡倉天心

西暦    和暦     満年齢      事項

1862年 文久 2年  0歳   横浜に生れる
1869年 明治 2年  7歳   この頃ジェイムズ・バラーの塾で英語を学ぶ
1875年 明治 8年 13歳   東京開成学校(のち東京大学と改称)に入学する
1879年 明治12年 17歳   大岡もと(のち基子と称す)と結婚する
1880年 明治13年 18歳   東京大学を卒業し、文部省に勤務する
1886年 明治19年 24歳   欧米の美術行政視察にアーネスト・フェノロサらと共に出張する
1889年 明治22年 27歳   東京美術学校が開校し、翌年校長となる
1893年 明治26年 31歳   美術調査で初めて中国を旅行する
1898年 明治31年 36歳   東京美術学校校長の職を退き、日本美術院を創立する
1901年 明治34年 39歳   インドに渡り、翌年にかけて仏跡等を巡る
1902年 明治35年 40歳   インドの詩聖タゴールと交流を深める,  
                   「東洋の理想」を執筆し、翌年ロンドンで刊行する
1903年 明治36年 41歳   五浦に土地と家屋を求める
1904年 明治37年 42歳   アメリカのボストン美術館中国・日本美術部エキスパートになる
                   「日本の覚醒」をニューヨークで刊行する
1905年 明治38年 43歳   五浦の別荘を新築し、六角堂を建てる、
                                       ボストン美術館中国・日本美術部アドバイザーになる
1906年 明治39年 44歳   赤倉に土地を求め家屋を建てる、日本美術院第一部(絵画)の五浦移転、
                   大観、観山、春草、武山が同地に移り住む、「茶の本」をニューヨークで刊行する
1907年 明治40年 45歳   仲秋観月の園遊会を五浦で開く
1910年 明治43年 48歳   ボストン美術館中国・日本美術部長になる
1912年 明治45年、
             大正元年 50歳    ボストン美術館の用務でアメリカへ渡る途中、インドに立ち寄る
                    そこで女流詩人プリヤンバダ・デーヴィ・バネルジーと出会う
1913年 大正 2年 51歳   オペラ台本「白狐」を執筆後、病気のためアメリカより帰国する、
                   古社寺保存会に出席
                   法隆寺金堂壁画の保存について建議案を作成する、 
                                       
療養のため新潟県の赤倉に移るが病状悪化し、9月2日亡くなる
国立東京藝術大学の前身東京美術学校を創設し横山大観や菱田春草などを育てる一方、ボストン美術館の中国・日本美術部長として日本美術を海外に広く紹介するなど明治期に活躍した美術行政家・思想家の岡倉天心〔おかくらてんしん〕。
岡倉天心が晩年過ごした山荘跡に有志によって建てられた六角堂は奈良法隆寺の夢殿(天心の調査でその美術的価値が確立された)を模したといわれ、平櫛田中作といわれる天心の金色の胸像が安置されている。
新潟県妙高市赤倉

岡倉天心六角堂

★地図

inserted by FC2 system