2004年8月15日

太平洋戦争の空襲で焼けた鹿児島市立教育参考館に所蔵されていた西郷小兵衛の写真。

弘化4年(1847年)、薩摩国鹿児島城下の下加治屋町山之口馬場に生まれる。

慶応4年(1868年)、戊辰戦争に参加。八幡の戦いが初陣、のちに一番隊となって、江戸に進軍。その後、陸奥白河に進み、東北での諸戦でも参戦。明治2年(1869年)2月29日、分隊長になる。

のち加世田郷(現在の南さつま市)副戸長に就任。明治10年(1877年)、西南戦争に参加して薩軍第一大隊第一小隊長を務める。同年2月27日、肥後国高瀬河南(現在の熊本県玉名市)の戦いにて官軍の銃弾を受けて戦死した。享年31。

弘化4年10月11日(1847年11月18日) - 明治10年(1877年)2月27日)

地図

(熊本県玉名市繁根木)

西郷小兵衛 -- 西郷隆盛の末弟で人格沈重にして思慮深い人物であったという。
総大将の実弟であるという自覚のもと率先して戦い、1877年2月27日この川畔で官軍の銃弾を左胸部に受け、31才の若さで壮烈なる戦死を遂げる。
古老の話によると、兄の隆盛自ら菊池川の下流を渡り、遺体を連れ帰ったともいわれている。

薩軍第一大隊第一小隊長

西郷小兵衛戦死の地

西郷小兵衛

inserted by FC2 system