久坂玄瑞
天保11年(1840年) - 元治元年7月19日(1864年8月20日)
長門国萩平安古(現・山口県萩市)に萩藩医・久坂良迪、富子の二男として生まれる。藩校明倫館に入って医学および洋書を学んだのち、安政3年(1856年)、17歳で九州に遊学。宮部鼎蔵を訪ねた際、吉田松陰の名を耳にする。帰藩後、松下村塾に学び、高杉晋作、吉田稔麿と共に村塾の三秀といわれた。
元治元年(1864年)6月、池田屋事件の悲報が国許に伝わると藩内で京都進発の論議が沸騰したため、来島又兵衛や真木和泉らと諸隊を率いて東上。真木和泉らと共に堺町御門で戦ったが(禁門の変または蛤御門の変)、負傷して寺島忠三郎と共に鷹司邸内で自刃した。享年25

高杉晋作
天保10年(1839年) 萩の上流武士の家に出生
安政4年(1857年) 松下村塾に入門
文久3年(1863年) 長州藩下関で外国船を砲撃。奇兵隊を組織
慶応3年(1867年) 下関で病死

吉田松陰
天保元年(1830年) 萩の下級武士の家に出生
嘉永3年(1850年) 長崎ほか九州各地に遊学
嘉永4年(1851年) 脱藩して江戸から東北各地を遊学
安政元年(1854年) 下田に停泊の米艦に密航を求め失敗
安政4年(1857年) 松下村塾を開く
安政6年(1859年) 伝馬町の獄舎で斬罪に処せられる。30歳

 古い街並-萩市

2005年1月22日

海外渡航に失敗した吉田松陰は、ここ野山獄に投ぜられる。

野山獄跡

久坂玄瑞誕生之地

高杉晋作誕生之家

木戸孝允誕生之家

吉田松陰の墓

吉田松陰誕生之地

吉田松陰像

松陰神社

松下村塾

幕末維新史跡 - 萩市 (山口県)

地図

幕末維新紀行

幕末維新紀行

 古い街並-萩市

inserted by FC2 system