瞑想がその答えだ

 なぜなら、瞑想は人間のすべての疑問への唯一の解答だからだ。
 問題はフラストレーションかもしれないし、落ち込みかもしれないし、無意味さかもしれないし、苦悩かもしれない。
 問題は数多くあるが、答えはひとつだ。

 瞑想がその答えだ。
 そしてもっとも簡単な瞑想の手法はただ単に見守っていることだ。
 瞑想には112の手法があるが、目撃することはこれら112の瞑想法のいちばん本質的な部分だ。
 だから私にとっては、目撃することが唯一の手法だ。
 これら112の手法は〈目撃〉をさまざまな情況に適用させたものに過ぎない。

 本質的な核、瞑想の魂は、いかに目撃するかを学ぶことにある
 たとえば1本の樹を見ていたとする。
 あなたはそこにいて、樹がそこにあるが、もうひとつのものを見つけることはできないだろうか?
 あなたは樹を見ているが、あなたのなかには、その樹を見ているあなたを見ている目撃者がいる。
 世界は客観的な事物と主観とにだけ分けられるのではない。
 さらにこの両者を越えたものがあり、その超えたものとは瞑想だ。

 だからどんな行為をしているときも・・・。
 私は朝や夕方に一時間か30分座るというやり方には賛成しない。
 そういったたぐいの瞑想は役には立たない。
 なぜなら、たとえ一時間瞑想したとしても、残りの23時間でまったく逆のことをやってしまうからだ。

 だが、瞑想で成功を納めることもできる―――〈目撃〉という手法なら、1日24時間まで広げることができる。
 食べているときも、食べている人に同化してしまってはいけない。
 食べ物がそこにあり、食べる人がそこにいて、あなたはここにあって、見守っている。
 歩くときも、肉体に歩かせて、あなたはただ単に見守っている。
 だんだんとそのコツが呑み込めてくる。

 それはコツであって、いったん小さなことでも見守ることができるようになれば・・・。

 あそこのカラスが、いま鳴いている・・・あなたはそれを聞いている。
 そこにはふたつのもの、客観的な対象と主観がある。
 だが、その両方を見ている目撃者を見ることはできないだろうか?―――
 カラスと聞き手がいるが、さらにその両方を見守っている者がいる。
 だからそれは実に単純な現象だ。
 次にあなたは更に深い層の中に入って行くことができる。
 自分の思考を見守ることができるし、自分の感情、気分を見守ることができる。


 OSHO Light on the Path,♯11より抜粋



   


スピリチュアルTOP 
OSHO TOP
和尚 書籍リスト

inserted by FC2 system