社会と折り合いがつかない

 質問
私は、けっして社会と折り合いがついたことがありません。 そして、良心がとがめるのですが。


 Osho
それでよろしい! 悪いところは何もない。どうやって社会と折り合いをつける? 社会は病んでいるのだ! 
病んだ人間が折り合いをつけるか、 または、狡滑な人間、役者が 折り合いをつけるかのどちらかだ。

あなたは社会と同じように 病んでいなければならない。そうすれば、うまく納まる。
あなたは社会と同じように愚鈍、 同じように愚か、同じように金と権力に狂っていなければならない。 そうすれば、うまく納まる。
あなたは社会と同じように気が狂っていなければならない。 そのときは問題ない。 そのときは適合できる。

さもなければ、役者になるか、ただ自分が適合しているふりをするだけだ。
私は演技をしなさいとは言わない。 私は、単にそれが社会に適合するためのふたつの方法だと言っている。

そしてふたつともが無意味だ。 そんな必要はない。社会と適合する必要などない。 むしろ、より深い適合を模索し始めるべきだ。
自分自身と折り合いをつけることだ。
そうすれば、誰が気にする? 自分自身と折り合いがついているならば、あなたにはどうでもよいではないか。

そうすればあなたは避けることができる。 100のうち99は、それだけで避けることができる。
適合する云々の必要もない。あなたはただそれを迂回する。そこを通過する必要はない。
もし通過しないのであれば、適合する云々の問題も生じない。人は迂回することができる。
実際サニヤスとは、多くのことを迂回することにほかならない。

あなたがそのクラブに適合しなければ、そこから抜けれるがいい。 そこのメンバーにならないことだ。メンバーになる必要はない。 人々と折り合いがつかなければ、それほど多くの人々と会わないことだ。自分とよく合う、小さなグループと会うがいい。
小さなオアシスを創りなさい。 それこそ、私がここでやっていることだ。 私は社会に適合できない。 だから、私は自分自身の社会を創造する。 他に私に何ができる?(笑)

だから、自分自身の小さな社会を創造するがいい。
あなたを理解する何人かの友人たち、 そしてあなたが理解し、ともに進むことのできる友人たち。
それがただひとつの方法だ。

ひとつ、こんな話がある。
ある娼婦がソクラテスのところにやって来た。 その娼婦は非常に理性には溢れていた。 そして、次第にソクラテスの教えに傾倒するようになった。
彼女がやってきた時、ソクラテスはほんの数人、 12人ほどの友人と共に座っていた。
娼婦は言った。
「たった12人ほどしか来ないんですか? いつか、私のところに来てください。 そこには、いつも列ができていますよ! アテネ全体が私に夢中なんです。 ところがあなたは・・・・ たったの12人なのですか?」

ソクラテスは彼女に目を向けて言った。
「その通りだ。 なぜなら、あなたはすべての人が求めているものを提供するからだ。 私は人が非常に稀に求めるものを提供する。
 だから、私にはほんの数人の友がいるだけだが、 あなたには多くの友人がいるのだ。」

娼婦はそれについて思案し、 ソクラテスに一礼して言った。
「私もあなたの友人の1人として受け容れてください。」

だから、社会に適合できなければ、小さなオアシスを創るがいい。 すべての時代を通してそれが行われてきた。
すべての社会に適合できない人々は、 彼らが存在できる自分自身の、小さなグループを形成してきた。
そこで、彼らは調和を見いだすことができた。

今、あなたはサニヤシンだ。
あと何人かの人々が、 サニヤシンになるのを助けるがいい。 そして、小さなグループを形成するがいい。
ともに瞑想し、ともにダンスし、ともに語らい、耳を傾け、読み、研究し、議論し、そして、社会への適合については忘れることだ。

あなたはまったく病んでいない。 これからは、私があなたの知性を健全な方向に変容してゆこう。

心配する ことはない・・・
ん?よろしい!



   



スピリチュアルTOP 
OSHO TOP
和尚 書籍リスト

inserted by FC2 system