日記TOP

夢日記

 2012年 4月 2日
 大きなフェリーの客室
 覚えているのは、フェリーが、もうじき港に到着する時間で、
 自分がベッドから目覚めて、帰ろうとするところから〜〜
 その前に、すごくおもしろいことが起こっていたのだか、
 それは思い出せない。
 とにかく、自分は寝ぼけていて(夢の中で)、手荷物を持たず、
 手ぶらで客室を離れる。
 フェリー船内を歩く途中で、手荷物を忘れていた事に気づく。
 焦って自分の客室に戻ろうとするが、自分の部屋がわからない。
 船内は薄暗い。乗客はみんな外国人。
 ふざけた笑い声〜〜 タバコの煙〜〜
 船内は狭い通路が入り組んでいて、迷路のようになっている。
 部屋の表示は番号で表わされているが、
 自分の部屋の番号がわからない。
 船内で迷子になる。
 周囲の人は確信しているように見える、
 自分だけが迷っている。

 そんな心境・・・

 そんな類の夢が多いな〜〜〜
 これは、過去のインド旅行での実体験の影響もあるみたい〜〜

2012年 4月

inserted by FC2 system